経営理念

私たちが、つくるもの、
それは、住宅や団地、そして、あらゆる世代の市民の方々が安心して暮らせるためのヨコハマ。
私たちが、つなげるもの、
それは、地域コミュニティ、そして、薄れてしまった世代間の絆や、一人ひとりの笑顔。
私たちが、再生するもの、
それは、老朽化した団地、そして、つながるしあわせが感じられる、ヨコハマに暮らすという喜び。

つくる、つなげる、再生する。

その言葉のもとに、私たちは挑戦することを、やめません。

横浜市住宅供給公社。
ヨコハマの住まいと暮らしの未来を担う組織であるということ。

私たちには責任があります。
住めれば暮らせればそれでいい、わけがない。
私たちにはヨコハマの暮らしをもっとよくする責任がある。

私たちには覚悟があります。
建てるだけ貸すだけの組織ではなく、
私たちにはヨコハマの住まいと暮らしのリーダーになる覚悟がある。

私たちは、待ちません。
あなたが困ってしまう時を。あなたの家族や大切な人が泣き声をあげてしまうその時を。
あなたが困るその前に、辛くなる、悲しくなるその前に、
住まいと暮らしへの安心を、たくさんの人の笑顔を、つながるしあわせが感じられるヨコハマを、
つくり、つなげ、再生してゆきます。

Dear YOKOHAMA.

ヨコハマが日本一の都市になるため、ではなく、
ヨコハマが日本一の”ふるさと”になるために、
私たちは挑戦を続けます。

住宅供給公社の本質とセーフティネットとしての安定性を意識した「建築物」を感じさせるデザインとしました。また、横浜の「まちづくり」を裏方的存在として支えていく意味を込め、マークの白地には「Y( yokohama )」を描いています。

■■■■■■  建物、信頼性をイメージさせる「construction gray(つくる)」
■■■■■■  横浜の青い海、公平さをイメージさせる「yokohama blue(つなげる)」
■■■■■■  明るい未来、希望をイメージさせる「future shine(再生する)」

の3色をシンボルマークのキーカラーとしています。